伊藤昌輝のサイトへようこそ!

 ¡Bienvenido a la web de Masateru Ito!  

Español

伊藤昌輝

ごあいさつ

私とスペイン語との付き合いは60年近くになります。大学で学んでから外務省に入り、メキシコ、ドミニカ共和国、アルゼンチンなど主にスペイン語圏に約30年滞在しました。2004年の退官後、かねてからの夢でもあり、またスペイン語の世界に日本のファンを増やしたいとの思いから、日本の古典文学のスペイン語訳に本格的に取り組むことにしました。スペイン語訳は英語、仏語版からの重訳が多く、原文の魅力が伝わらないと感じていました。

そして「方丈記」(2004)を皮切りに、「閑吟集」(2012)、「梁塵秘抄」(2013)、「芭蕉の紀行・日記篇」(2015)、「世間胸算用」(2016)および石川啄木の「ローマ字日記」(2018)、「悲しき玩具」(2019)をベネズエラ、アルゼンチン、スペイン等で出版しました。また、日本においては大盛堂書房より日本語・スペイン語音声CD付きの対訳版として『スペイン語で奏でる方丈記』(2015)、『スペイン語で詠う小倉百人一首』(2016)、『スペイン語で親しむ石川啄木 一握の砂』(2017) および『スペイン語で旅するおくのほそ道(CDなし)』(2018)を刊行しました。

百人一首のスペイン語訳が出版されると、これを基に百人一首を2ヶ国語でピアノ曲に乗せて歌う世界でも初めての「百人一首コンサート」が実施されることとなり、2019年5月には百首達成記念コンサートが東京ウイメンズプラザ・ホールで行われました。

近くサラマンカ(スペイン)のSigueme社から「歎異抄」(浄土真宗の開祖である親鸞聖人の語録とその解釈を示した古典)の日本語・スペイン語対訳版、および大盛堂書房から「万葉集」の対訳版がそれぞれ出版される予定です。

外国の方には、日本の心を知る近道は日本の古典に親しむことだと申し上げたく、また、現代の日本人にとっても、自国語の古典を異なる言語で読み、異なる文化のプリズムを通して、新たな視点で自らの文化を見直すというのも実に興味深い試みではないでしょうか。

2020年1月   
伊藤 昌輝   
  
プロフィールは こちら 


伊藤昌輝 出版物一覧
「方丈記」
鴨長明 著

伊藤昌輝 訳
「閑吟集」
伊藤昌輝 訳
「梁塵秘抄」
後白河法皇 編

伊藤昌輝 訳
「芭蕉の紀行・日記篇」
松尾芭蕉 著
伊藤昌輝 訳
「世間胸算用」
井原西鶴 著
伊藤昌輝 訳
「悲しき玩具」
石川啄木 著
伊藤昌輝 訳

タイトルとURLをコピーしました