スペイン文学

翁草

ロペ・デ・ベガの戯曲『フエンテ・オベフーナ』

ロペ・デ・ベガ (1562-1635) はスペインの「黄金世紀」を代表する作家の一人で、<<自然の怪物>>と称され、十歳のころから書き始めています。彼の生涯はまるで小説のような冒険と、烈しい情熱と、中...
翁草

セルバンテスの幕間劇『離婚係の判事さん』

セルバンテスは自らの死期が近づいた1615年末に『上演されることのなかった8編のコメディアと8編の幕間劇』を発表しました。当時、戯曲は上演するために書かれるもので、読み物として発表されることはなく、出...
翁草

ガルシア・ロルカの『すばらしい靴屋の女房』

フェデリコ・ガルシア・ロルカはスペインにおける最も民衆的な詩人で、また世界で最も愛読されているスペイン人作家のひとりです。その作品の多くが日本語に訳されています。この「翁草」でも、すでに二つの作品をご...
翁草

セルバンテスの短編『ジプシーの娘』

セルバンテスの「模範小説集」の冒頭を飾るこの作品は、世にもめずらしく美しいジプシー少女プレシオサと裕福な貴族出身のドン・フアンの恋物語です。近年の日本においては、「ジプシー」は差別用語とされているよう...
翁草

セルバンテスの短編『嫉妬深きエストレマドゥーラ男』

この作品もセルバンテスの12篇からなる『模範小説集』のひとつで、妻を寝取られた男に関する永遠の主題の機智に富んだ、愉快な話です。この作品が有名になってから、スペイン語でextremeño(エストレマド...
翁草

セルバンテスの短編『びいどろ学士』

セルバンテスは、『ドン・キホーテ』第Ⅱ篇発表の2年前、すなわち彼の死の3年前に、12篇の『模範小説集』を発表しています。これらの短編だけでも、作者をスペインの第一級の名文家に列するに足るものと言えるで...
翁草

フランシスコ・デ・ロハスの『王の他は容赦せぬ』

フランシスコ・デ・ロハス・ソリーリャ(1607-1648) は、スペイン黄金世紀の最も卓越した劇作家の一人とされています。また、この作品は16-17世紀におけるスペイン人の価値観、すなわち個人の名誉と...
翁草

フアン・バレーラの『ペピータ・ヒメネス』

フアン・バレーラ(1824-1905)によるこの作品(1874)は19世紀スペインにおける最もポピュラーな小説とされています。作者は外交官兼政治家で数か国語に通じ、古典文学の原典とあらゆる土地の人間に...
翁草

ガルシア・ロルカの『マリアナ・ピネーダ』を読んで

フェデリコ・ガルシア・ロルカ(1898-1936、グラナダ生まれ)は20世紀スペイン文学における最も民衆的、かつ影響力の大きい詩人とされ、20世紀演劇の頂点に立つ劇作家と言われています。表題のマリアナ...
翁草

カルデロン・デ・ラ・バルカの『現世の大演劇』

ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ(1600 – 1681)の作品は、すでにこのコーナーでも『人生は夢』、『サラメアの村長』および『驚異の魔術師』をご紹介しました。彼はイタリアとフランドルで兵士となり...